理に叶う夢を叶えるビジネスモデル
あなたが気づいていない無意識の事実に気づく

唯一無二のアウトソーシングビジネスに気づこう! 16.04.18
ネットビジネスオーナー限定・共有ページ )



あなたが気づいていない無意識の事実に気づく



あなたが、あなた自身( 自分視点 )のリミッターを

外すことにより、より多くを感じることができるようになり、

多くの気づき( 他人視点 )が得られるようになります。



それでは、早速、



ネットワークビジネスについて、リミッターを外して検証しましょう。



ネットワークビジネスの正式な名称は、

「 マルチレベルマーケティング 」といいます。



つまり、



その名前の由来通り、あなたがビジネスを  始める前から、

「 マーケティングが全て 」施( ほどこ )されています。



商品企画、商品開発、商品化、パッケージング、商品配送など、

一連の作業をネットワークビジネス企業( 以下、製造メーカー )側が

「 全てを 」請負います。



あなたは製造メーカーの最高責任者に、このように指示します。

「 社会のお役に立てるような質の高い商品の開発、そして生産、そして、

お客様から受注があれば配送まで 全てを お願いします。」 と、



つまり、



あなたは、世界に展開する 一流の製造メーカーに「 アウトソーシング 」の

 まるなげ状態  で、ビジネスの展開ができてしまうのです。



トランスファーファクター製品のリーディングカンパニー 新製造工場( 2015年12月完成 )




つまり、



あなたは、上記の動画までの、様々なスキル、そしてお金も一切費やす

こと無く、つまり、あなたは1秒、そして1円の投資も無くビジネスを

開始できてしまう  事実  を、あらためてご理解ください。



ここまでの検証結果は、法令的にはもちろん、一般的な観点から見ても

ネットワークビジネスそのものは、全く問題は無さそうです。



このような、理に叶ったビジネスなのに、なぜネットワークビジネスは

社会に受け入れてもらえないのでしょうか?



理に叶っていると感じているのは、わたしの「 エゴ 」なのでしょうか?


⇒ ⇒ ⇒ 成れる最高のあなたに成る方法




2016年7月12日、ダイレクトセリングに関するデータやMLMのニュースを提供する

ウェブサイト「ビジネス・フォー・ホーム」は、4Lifeのビジネスオポチュニティを

トリプルA( AAA+ )であると格付けしました。

 トリプルA( AAA+ )



2016年6月9日、2016ダイレクトセリング協会( DSA )アワードの

最優秀マーケティング & セールスキャンペーン賞が授与されました。 

 業界最高の栄誉に輝く




ネットビジネスオーナーが共有する言葉
逆算式理論
自分を保証する
持続性=普遍性
人が価値を創ります
価値は人が創ります
自分を保証する仕事
持続性=与え続ける
持続性=創造し続ける
仕事のあり方に気づく
自分を保証する考え方
自分を保証するビジネス
仕事のあり方に気づいた人
3つの持続性のあるサービス
成れる最高のあなたに成る方法
良い結果に感謝し有難く受け取る
考え方を伝える気づきのビジネス
普遍的本質思考逆算式=逆算式理論
価値が創造できればお金は循環する
理に叶う夢を叶えるビジネスモデル
自分に期待し自分を保証するビジネス
自分に期待することがビジネスになる
自分に期待できてこそ真の成功者になれる
結果にフォーカスするのは諸刃の剣である
貢献できれば人そして社会から応援される
仕事の本質とは社会に貢献することである
あなたは未来の結果を変えることができる!
価値は人と社会に貢献するために創造される
人が価値を創り人から人へとお金は循環する
逆算式理論にて個人情報の流出を未然に防ぐ
無駄に他人と比較することに何の意味も成さない
人と社会に貢献できれば未来の結果は変化します
社会に貢献できればお金は循環することを理解する
あなたは未来の結果を変えることのできる人ですか?
仕事を成功へと導く原理原則とは社会への貢献にある
ビジネスの本質とは社会の繁栄に貢献することである
お金は人のために経済を循環させる便利な道具である
お金が目的になると人をお金儲けの道具にしてしまう
貢献できなければ人そして社会から応援されなくなる
売上に貢献できれば人そして社会から応援され続ける
強き者同志が切磋琢磨し共にお互いが真の成功者と成る
人との新たな繋がりとは感謝の量に比例して生まれてくる
健全な消費の意味を理解できるとあなたは稼ぎ続けることができる
基礎無き建物は建たない。つまり、基盤無きビジネスは持続し得ない。
貢献し続けた結果として受け取ることのできる権利の恩恵が権利収入である

アウトソーシングビジネス理に叶う夢を叶えるビジネスモデル


デジタル・ネットワーク社会と著作権

著作権(ちょさくけん)・コピーライト(英語: copyright)

著作権法 第10条1項、第2条1項1号
「 思想 又は、感情を創作的に表現したものであつて、
文芸、学術、美術 又は、音楽の範囲に属するもの 」は
著作物として定義されています。



すべての文章・コピー・複製・リライト・転載・音声公開等を一切禁止します。

このページは「 © ネットビジネスオーナーズクラブ 」のオリジナルコンテンツです。